2021 NOT-ltd startup to website

PayPayアプリ一発起動!(iPhone編)

PayPayアプリ一発起動!(iPhone編)

今ではすっかり生活の必需品となりつつあるスマホでの電子決済ですが、いざ使用しようとする時、アプリまでの距離が遠く感じる人は少なくないと思います。

しかしiPhoneの機能、ショートカット背面タップを使えば、電子決済アプリを『iPhoneの背面を指でタップする』というアクションで、一発起動に設定出来ます。

今回は試しに、電子決済アプリの一つ、PayPayを一発起動設定してみましょう。

ショートカット作成

まずは、PayPayアプリのショートカットを作成します。

①Apple純正アプリであるショートカットを起動
②新規にショートカットを作成するので右上の【+】を押す
③新規ショートカット作成画面で【+アクションを追加】を押す
④アクションの選択の中から【スクリプティング】を選ぶ

アクションの中に【App】があるので勘違いしてしまうが、その中に電子決済のアプリはないので注意が必要、ここでは【スクリプティング】を選択しましょう。

⑤スクリプティングの機能の中に【Appを開く】があるのでそれを選ぶ
⑥アプリの一覧の中からPayPayを選ぶ
⑦これでPayPayアプリを起動するショートカットになったので【次へ】を押す
⑧名前の入力、特に変える必要はないのでPayPayと入力、お好みでアイコンの絵と色を選択
【完了】を押す
PayPayアプリを起動するショートカットの完成

背面タップの設定

ショートカットが作成できたら、次は背面タップで、電子決済アプリを起動する設定をします。

①iPhoneの設定を開く

②設定から【アクセシビリティ】を選択
③アクセシビリティから【タッチ】を選択
④タッチから【背面タップ】を選択
⑤お好きなタップ回数を選択、ここでは【ダブルタップ】を選択
⑥ダブルタップでおこすアクションの中に、先程作成したショートカットのPayPayがあるので、それを選択

以上でPayPay一発起動の設定は完了です。

起動の流れとしては、背面タップのアクションでショートカットを起動→ショートカットで電子決済アプリを起動、というオートメーションになります。

まとめ

実際、背面タップで電子決済アプリを起動して使ってみましたが、使い勝手は非常に便利に感じました。あえて不満を言うなら、起動完了のバナーが毎回出てきて邪魔なくらいでしょうか。

ちなみにiPhoneのロック中は背面タップは起動できません、なので、

生体認証(Touch IDやFace ID)を使用してロック解除後に背面をタップして、電子決済アプリを起動

という使い方が早くて便利だと思います。

今回はPayPayアプリで設定しましたが、他の電子決済アプリもこの設定方法で起動できるので、自分の使用環境に合わせてアプリを設定してみてください。便利ですよ!